スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<大地震>グラッときたら、まず避難 火の始末は揺れ収まってから 文科省が見直し報告書案(毎日新聞)

 「グラッときたら火の始末」は勧められない--。文部科学省の作業部会は25日、大地震発生時に身を守るための行動を盛り込んだ報告書案をまとめた。阪神大震災などの巨大地震やその再現実験で得た分析、緊急地震速報開始を踏まえ、これまで推奨されていた行動の妥当性を国として初めて見直した。【石塚孝志、八田浩輔】

 報告書は31日に上部委員会を経て、都道府県教委などに配布される。

 震度5程度で半数の人が行動困難を訴え、震度6弱以上ではほとんど動くことができないとされる。作業部会は行動と被害の関係について解析した約80件の文献を検証。

 火の始末では、これまで火災が多発した関東大震災での教訓から、すばやく火を消すよう推奨されてきた。しかし、消火を優先して避難が遅れたり、とっさにコンロの火を消そうとしてやけどを負う人が多いことが分かった。また、都市ガスの自動遮断装置も普及し、作業部会は「火を消すのは揺れが収まった直後」と結論づけた。ただし、目前にコンロやストーブがあり、消火可能の場合は、小さい揺れの段階で火の始末をするとした。

 「丈夫な家具に身を寄せる」とされていた点については、阪神大震災の犠牲者の約1割が転倒した家具の下敷きだったと指摘し、揺れが非常に大きい場合、姿勢を低くして頭を守り、丈夫そうな家具でも無理して近づかないよう提言した。

 「慌てて外に飛び出さない」の是非では建物の耐震性で対応が分かれる。81年にできた新耐震基準に適合した建物では倒壊する危険より外に飛び出す危険性の方が大きいとした。しかし、それ以前の耐震基準で建設された建物の場合、倒壊して圧死する場合があり、飛び出して助かった例があるという。

【関連ニュース】
発信箱:ウエットティッシュ=滝野隆浩(社会部)
地震退避行動:「火の始末」も見直し 文科省作業部会
沈没トルコ艦:救助から120年 和歌山・串本で追悼式
貞観地震:震源域「宮城県沖」より広く…9世紀
地籍調査:過去10年で実施5割未満 災害時混乱の恐れ

<妙義山>登山中に滑落、東京の女性死亡 群馬(毎日新聞)
<金星探査機>あかつきが地球撮影 25万キロから鮮明画像(毎日新聞)
「気持ちや要望伺いたい」長妻厚労相、今夜B型肝炎原告団と面会へ(産経新聞)
警部補ら2人懲戒免職=暴力団周辺から借金、腕時計―奈良県警(時事通信)
え、これ映画!? 久々に見たマシニマが進化しすぎていた件
スポンサーサイト

返り血の服着替える 京都・長岡京の夫婦刺殺男、計画的か(産経新聞)

 京都府長岡京市のタクシー運転手の矢本吉男さん(65)と妻の朔恵(さくみ)さん(65)が刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕された大阪市東成区東中本の不動産業、李敏男容疑者(52)が、身柄を確保された際、返り血をあびた服ではなく、別の服に着替えていたことが13日、わかった。

[フォト]親類の犯行か、兵庫・西宮で身柄確保 京都・長岡京の夫婦刺殺

 李容疑者は「(2人を刺した)包丁は常に護身用として持っていた。細身の包丁だった」と供述しているが、向日町署捜査本部は、計画的に殺害や逃走を図った可能性があるとみて、詳しい経緯について調べる。

 また、司法解剖の結果、夫妻の死因は、胸や腹などを深く刺されたことによる失血死だった。矢本さんは左胸に深さ約16センチに達する深さの傷を負っていた。捜査本部は、李容疑者が強い殺意を持って夫婦を刺したとみている。

【関連記事】
長岡京市の夫婦刺殺事件 長女の夫を逮捕
直前まで居酒屋で口論、悲鳴 京都・長岡京の夫婦刺殺
65歳夫婦刺され死亡 京都・長岡京、口論の中年男逃走
京大留学生に寮提供、代わりに外国語教えて 京都銀
「寂しさ紛らわせるため飼った」 メジロ捕獲した2人書類送検
少子化を止めろ!

月内の訪米検討=普天間、国防長官と詰め-防衛相(時事通信)
大企業サラリーマンら負担増?改正健保法成立(読売新聞)
三社祭 「宮出し」で最高潮に(毎日新聞)
公園で15歳少女4人に援交迫る 容疑の大阪府立高教諭を逮捕「遊び半分だった」(産経新聞)
著作権法違反容疑 仮面ライダーに似たマスク販売 男逮捕(毎日新聞)

ショッピングセンターに車突っ込む=客ら7人負傷、79歳の男逮捕-山梨県(時事通信)

 3日午後5時50分ごろ、山梨県北杜市長坂町大八田のショッピングセンターきららシティオギノ長坂店に乗用車が突っ込み、店内の客ら7人が負傷、いずれも病院に搬送された。峡北広域消防本部によると、このうち5歳の男児が右下腿(かたい)骨骨折の重傷、ほか6人は打撲など軽傷という。
 県警北杜署は、自動車運転過失傷害容疑で無職手塚義和容疑者(79)=同市高根町村山東割=を現行犯逮捕した。「運転操作を誤った」と話しているといい、同署が事故原因を詳しく調べている。
 同署によると、乗用車はショッピングセンター北側の駐車場から出入り口に突っ込んだ。けがをした7人のうちの1人は、同容疑者の車の助手席に乗っていた妻とみられる女性(82)。 

【関連ニュース】
逮捕されても戦い続く=マグロ密漁妨害で出港へ
反捕鯨団体代表に逮捕状=妨害指示の疑い、国際手配へ
カート事故で4人処分=TBS
酔って知人けり死なす=無職男を逮捕
駅で女性殴りポーチ奪う=容疑で57歳無職男逮捕

近世・近代日本画家を発掘、村越英明氏が死去  (産経新聞)
管理栄養士国試の合格率、32.2%(医療介護CBニュース)
法律相談めぐり綱引き 「士業」が連携サイト、弁護士増に対抗(産経新聞)
マンション敷地内に女性の遺体 岡山、頭から血(産経新聞)
メタボ健診、対象と知りながら未受診が3割(医療介護CBニュース)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。